? 「外商投资法」が制定される-法令ニュース-広东谢宏律师事务所 356bet首页_356bet官网娱_356bet台湾

「外商投资法」が制定される

2019/05/22
2019年3月15日、全国人民代表大会は「外商投资法」を采択しました。「外商投资法」は2020年1月1日から施行されるとともに、これまでの「外资企业法」、「中外合作経営企业法」および「中外合弁経営企业法」(「外资三法」と総称)に取って代わることになっており、中国外商投资分野における基本法となります。
?
1.?背景
?
中国で最初の外商投资分野の法律となった「中外合弁経営企业法」は1979年7月に施行されました。その後、1986年と1988年にそれぞれ「外商企业法」と「中外合作経営企业法」が采択されました。1995年6月、中国は「外商投资産业指导目録」を初めて制定し、その後、「外商投资産业指导目録」は何度も改订されながら、外商投资はこれまでずっと审査认可制が适用され监督管理を行ってきました。
しかし、2016年9月、「外资三法」の改正に続き、2016年10月、「外商投资企业设立及び届出管理暂定施行弁法」を制定しました。さらに、2017年6月、「外商投资参入许可特别管理措置(ネガティブリスト)」を初めて制定しました。これをもって、これまでの审査认可制から外商投资监督管理モデルへと正式に代わりました。
この外商投资监督管理モデルの変更によって、外资三法はすでに外商投资の発展に対応することが难しくなっており、こうした背景のもと、「外商投资法」を制定しました。
?
2.?分析
?
以下に「外资投资法」に対する简洁な分析を行います。
?
2.1 内外资平等の原则が正式に确立される
「外商投资法」は、外商投资算入许可段阶において、「ネガティブリスト」を适用のうえ管理を行い、「ネガティブリスト」以外の投资分野はすべて、外国投资者と国内投资者が同じ権利と便宜を享受すると规定しています。
また同时に、「外商投资法」は、外国投资者が政府调达に平等に参加すること、中国の企业発展をサポートする各种优遇政策も平等に享受すること、中国国内における强制性基准の制定业务に共同参画することをサポートすること、外国投资者が事业経営に际して国内投资者と同様の権利を享受することを保障すると定めています。
?
2.2 知的财産権と技术の保护を强化する
「外商投资法」は、中国が外国投资者と外商投资企业の知的财産権を保护し、外商投资企业が自由意思の原则と商业规则にもとづく技术提携の展开を保护し、行政机関が行政措置を讲じて外商投资企业に対する技术移転の强制を禁止すると定めています。
?
2.3 现存の外商投资企业に过渡期を与える
「外商投资法」は、外资三法によって设立された现存の外商投资企业の组织形态は今後「外商投资法」の规定に适合させることが定められていますが、现存の外商投资企业が渐进的に移行するため、5年间の过渡期を设けており、现存の外商投资企业がその过渡期の间に会社组织形态を调整させることについて认めています。
?
3.?影响
?
「外商投资法」の制定は、中国の対外开放を拡大し、外商投资を呼び込み、外资の知的财産権と技术を保护し、外国投资者が投资分野においてさらに积极的な役割を果たすことを保障する一方で、现存の外商投资企业にとっては、「外商投资法」の施行によって、新たな要件にもとづき、会社の组织形态を适时に调整し、「外商投资法」の规定を遵守しなければなりませんので、注意を要します。
?

  中国语全文リンク:http://www.npc.gov.cn/npc/xinwen/2019-03/15/content_2083532.htm?

>一覧へ戻る

return